[先頭]  <<    66   67   [68]   69   70   >>   [最後]
2014年09月21日(日)

喪服もフルセットでお得!

喪服も、夏冬セットがお得です!

 

貴女のサイズに合せて、オーダーします!

 

お仕立て代も込みですので、安心手間なしです♪

2014/09/21 18:20 | 商品紹介

2014年09月18日(木)

オーダー足袋&お誂え草履!

【この機会にぜひ自分の足のサイズを測ってみましょう!】

 

甲が高い!

幅が広い!

既製の足袋だと、何か合わない!

自分のサイズを測りたい!

 

そんな方に最適です!

 

お誂えの足袋&草履で、さらに楽しいきものでお出かけを~♪

2014/09/18 17:23 | 商品紹介

2014年09月14日(日)

秋の着つけ教室開講!

秋の着付け教室が、10月~スタートいたします!
週1回、3ヶ月、で自分で着れるようになります♪
『チョット興味はあったけど、難しそう、、、、』
『月謝が高いと、、、、』
『習ったことあるけど、またやってみたい、、、』
などの方に、最適です♪ぜひ、お気軽に体験してみてください

2014/09/14 15:55 | 着付け教室

2014年09月14日(日)

本場大島紬大特集!

【本場奄美大島紬の産地に直接研修に行っておりますので、自信を持っておすすめ出来るお品ばかり取り揃えております!】

 

初期の奄美大島は、真綿を手でつむいだ紬糸を経糸・緯糸に使い、無地や縞柄を織る技術としてはいたって
 
未熟なものでした。明治の文明の開化と同時に技術の改善もすすみ、明治時代には藍・松実・ヒルギ・テーチ木
 
等の煎汁を取りその染料を使った鼠色の染め縞から絣を織るようになり、染色もテーチ木と泥染めで濃く染め、
 
大島紬の名で商品として売り出した、奄美産地は頑なに経緯絣、泥染めへ特化していったそうです。
 
 
大島紬は独特の泥染めと緻密な絣の軽くて暖かく皺にならない優れた風合いを特徴とする我が国有数の
 
高級伝統織物である。泥染めの染料には「車輪梅」の幹をチップ状に細断し、煮出した染液を使う!
 
糸をそめるには10綛ずつを染鍋に入れ、煮出した車輪梅液の3~5倍量を注ぎかけ、揉みこみながら染色する、
 
5分位揉み込むと新しい車輪梅液と取り換えて染色を続ける、40回位染色を繰り返すと濃褐色になる、
 
これを乾燥した後に泥田に漬け込むと黒色に染まる、この事で大島紬独特の風合いや光沢が生じる。
 
織る前にデザインに合わせて必要部分を染める。締め工程で絣糸をつくるが、その為には、「方眼紙」に図案を描く、
 
 
 
方眼紙の目盛りに従って絣糸を作るから、絣糸の順番を正確に並べていけば図案通りの模様が織物の上に
 
表現される絣糸と地糸の並べ方によって、筬幅(約40センチ)の中の絣糸の本数が違う、絣を作るのは、方眼紙
 
一目盛りごとの図案に従って筬を通したガス綿糸を張った締め機に、絹糸16本を糊で固めて
 
乾燥した後締め織りをするとの事です。
 

【ぜひ、この機会に本場大島紬にふれてみてください!作り手の想いを感じてみてください!】

2014/09/14 14:03 | 商品紹介

2014年09月06日(土)

内容盛りだくさんです!

・本場大島紬特集

・博多帯~簡単帯結び講座開講

・お誂え足袋&草履職人さん来場

・創業105周年感謝超特価コーナー

・健康フェア

・七五三

・お宮参り

・喪服

などなど

お楽しみ企画満載で、開催いたします!!

2014/09/06 17:22 | 展示会

[先頭]  <<    66   67   [68]   69   70   >>   [最後]

RSS