2019年07月19日(金)

家紋とは!?知っている方も知らない方も一度樋口屋で家紋帳をご覧ください♪

平安時代末期に衣服や持ち物につけられるようになった文様は、家ごとに特定の家紋に発展し、家柄を誇るシンボルマークになった。

 

武家が本格的に家のシンボルマークとして家紋を用いたのは鎌倉時代初期とされている。

 

核家族化がすすみ、自分の家の家紋を知らない人も多くなっていますが、家紋が古くから人々に愛されてきたのはその美しさにある。

 

家意識がうすれつつある現在でも案外心の中には何か受け継いでゆかねばという気持ちがあるのかもしれない。

 

世界中に紋章はあるが、ヨーロッパなどでは王侯貴族のもので、一般人が家紋を持つこの伝統は日本の誇るべき文化である。

 

ぜひ、8月のお盆が近づいてきますが、家紋をふりかえってみてください。

 

※樋口家の家紋は、丸につる柏です。

 

明治43年創業・着物・振袖専門店 樋口屋
ホームページ http://higuchiya.net

 

毎日発信中!!
楽しい情報満載です♪


樋口屋四代目・樋口寛司

フェイスブック
https://facebook.com/hiroshi.higuchi.503

インスタグラム
https://instagram.com/hiroshi.higuchi

ツイッター
https://twitter.com/hiroshihiguchi8

 


明治43年創業・着物専門店樋口屋

フェイスブックページ
https://facebook.com/higuchiya

インスタグラム
https://instagram.com/kimono_higuchiya

ツイッター
https://twitter.com/kimonohiguchiya

フォロー・いいね!よろしくおねがいします♪

 

 

2019/07/19 17:43 | 四代目徒然 | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント※
画像認証※
※上の画像に表示されている英数字を入力してください