埼玉県鴻巣市のきもの・振袖専門店 樋口屋

埼玉県鴻巣市のきもの・振袖専門店 樋口屋

商品紹介
振袖

成人式、結婚式に未婚の女性が着る着物です。 当店ではレンタルと販売を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

現在は「成人式」での着用率が非常に高く、振袖は未婚女性の第一礼装です。 振袖の始まりは室町時代の小紬と言われ 江戸時代になると袖丈が徐々に長くなって豪華な振袖が誕生しました。


黒留袖

黒留袖は既婚女性の第一礼装。結婚式に新郎新婦の母親や、親族の既婚女性が着る正装のきものです。

「留袖」という名称は、未婚女性の第一礼装である振袖の長い袂を切り脇も詰める、つまり「袖を詰めた」きものという意味。婚家に留まる意味で「留袖」と呼ぶともいわれます。

販売とレンタルを扱っております。


色留袖

 色留袖は五つ紋付きなら黒留袖と同格で、既婚女性だけでなく未婚女性も着られる祝儀用の第一礼装です。色留袖に三つ紋や一つ紋をつければ、披露宴だけの出席、祝賀会、正式な茶事など、準礼装の中の最高級の装いとして広範囲に着ることができます。

販売とレンタルを扱っております。


訪問着

 訪問着は未婚・既婚の区別なく着られる準礼装のきもの。留袖や振袖の次に格の高い装いです。 結婚式、表彰式、パーティー、見合い、結納、茶会など、多くの社交的な場に着て行けるきものです。

販売とレンタルを扱っております。


付け下げ

付け下げは訪問着の代わりに着られる社交用のきものです。着て行ける場所は、訪問着と少しも変わりません。 しかし訪問着にくらべて模様が少ないので華やかさに欠け、少々地味に見えることがあります。

 

その反面、控えめな模様取りは、かえって茶席などの落ち着いた場所に向くため、茶人やきもの通の方に好まれています。


色無地

 色無地は一色で染められた無地のきもの。 明るく華やかな色は吉事に、暗く沈んだ色は凶事に、紫・緑・藍・鼠などの色は吉凶両用に着られ、また、どんな色でも帯や小物のコーディネート次第で格や印象が大きく変わる重宝なきものです。

色無地において、きものの格を決めるとともにポイントになるのが紋。三つ紋以上なら訪問着より格上の準礼装になります。 一つ紋で訪問着と同格になります。


小紋

 ちょっとお洒落をしたいとき、小紋はとても重宝します。例えば、初詣、クラス会、観劇、お稽古など。

小紋はお洒落着ですから紋は付けませんが、例外は江戸小紋。なかでも武士の裃に染められた極小柄の江戸小紋は色無地と同格で、紋の種類や数、コーディネート次第で訪問着や付け下げよりも格の高い装いになる特別な小紋です。


紬

 紬は普通、糸の状態で染めてから反物にする「先染め」のきものです。 かつて「紬は普段着」といわれていたのですが、現在では紬の伝統技術の素晴らしさが見直され、後染めの紬も増えたので、カジュアルはお洒落着としてだけでなはく、社交着にもなるきものになりました。


黒紋付

黒紋付は五つ紋の第一礼装。 不祝儀の正装、とくに葬儀ではどんな立場でも五つ紋付の黒無地のきもの(黒喪服)を着ます。 また通夜や四十九日の法要に招かれたときなど、黒喪服の正装では少し大げさと思われるときは、準礼装の装いをします。

 

夏冬セットでのご用意もございますので、お気軽にお問い合わせ下さい。


ゆかた

今や、夏祭りや花火大会に欠かせない着物となっています。 浴衣は、昔、貴人が入浴のときに着た湯帷子がルーツといわれています。

 

シーズン商品ですので、取扱い時期はお気軽にお問い合わせください。


袋帯

 礼装の留袖、訪問着用から大島結城などのおしゃれ用まで幅広くご用意しております。


名古屋帯

 八寸と九寸の2タイプを幅広くご用意しております。 用途に応じて適格におすすめさせていただきます。


祝い着

七五三、長寿、また、お宮参りの時ののしめもございます。きもの以外にも小物類もございますので、お気軽にご相談下さい。


和装小物

風呂敷・ちりめん小物や帯締め・帯揚げ・草履バックなど各種豊富にご用意いたしております。


名入れタオル

タオルの生地、色柄を自由にお選びいただけます。 名入れも承っておりますので、お申しつけください。


その他

 手拭い、祭り用品、贈答品等、各種取り揃えております。

ハタチの応援システム
きものクリニック
樋口屋ブログ
樋口屋前撮り撮影会
採用情報


ページトップ